スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【プラモ】ハイパーファンクション LBXアキレス/AX-00

本日はプラモレビューです。

今回ご紹介するのはアニメ/ゲーム「ダンボール戦機」に登場する
主人公機「アキレス」及びその素体にあたる「AX-00」のプラモデルです。


ダンボール戦機とは…
LBXと呼ばれる手のひらサイズのおもちゃが大ブームになっている世界で、
主人公「山野バン」が仲間達と共に大会優勝を目指したりLBXで
悪事を企む悪者と戦う話である。(ざっくり)

ゲームは持っているのですが途中で積んじゃってます。
あとでやります。新作も出るみたいなので頑張ろう…



ダンボール戦機のプラモデルは今まで数多く発売されましたが、
今回は「ハイパーファンクション」というバンダイの
ニューブランドでの発売です。


この「ハイパーファンクション」は、「コアスケルトン」と呼ばれる…
メダロットで言うところのティンペット(骨組)から作るのが特徴で、
価格がそれなり(一般的な1/100MGのガンプラと同等)の替わりに
非常に高いクオリティとなっています。


素組+スミ入れ+つや消しトップコートで簡単に仕上げてます。


image4.jpeg

コアスケルトン AX-00

LBXの素体で、このタイプはナイトフレームと呼ばれる
スタンダードなスタイル。
AX-00はLBXの生みの親であり主人公の父でもある山野博士が、
ヤバイ企業秘密を悪用されないようプラチナカプセルと呼ばれる記憶媒体に
移し、それを封じ込めて主人公に託したものです。
許可のない人間が触ると毒針が出てきて死ぬらしい。

とっても怖いね。


パーツがバリが出にくく手でもげる為、
サクサク進んで作っていて楽しいです。
稼動範囲も文句なしです。


image_20130323152720.jpeg

LBX AX-00


コアスケルトン「AX-00」にカバーパット(仮装甲)を装備した状態。
「AX-00」は正確にはコアスケルトンの名前なのですが、
劇中ではこの形態で「AX-00」と呼ばれてます。ふしぎ。

劇中は最初この状態で主人公に渡されて初バトルを行います。
お茶の間がメチャクチャになったものの翌日には復旧するのはお約束。

目に金メッキのテープを貼って目立つようにしていますが、
カメラの性能がひどいのでお察し。いいカメラが欲しい。


image2.jpeg
image3.jpeg

色分けはほぼ完璧で、動かしていてストレスもないです。
稼動範囲も元々のスッキリしたデザインのお陰か干渉する部分も
ほとんどないです。


image9.jpeg

カバーパットをはずしてお着替えタイム。



image5.jpeg

LBX アキレス

大手LBXメーカーのTO(タイニーオービット)社が
謎の人物から送られてきた設計図を元に作成したLBXパーツセット。

謎の人物が主人公にコッソリ渡すためにおもちゃ屋さんに託したものの、
美人若妻の副店長がこれまた謎の組織の息の掛かった番長さんに
ウッカリ騙し取られてしまい、主人公達はアキレスを取り戻すために奮闘。

カバーパットのままのAX-00がハンデになると思った番長さんの粋な計らいで
アキレスのパーツを使って戦うことになった主人公。
そして見事番長さんを打ち倒し、主人公はアキレスを取り戻したのであった…


観てて思ったんですが、

敵前でプラモ作ってるシーンはシュールだった。

作ってる間ヤジも飛ばさず待ってくれる番長さんマジイケメン。


image6.jpeg

こちらも色分けはほぼ完璧。
メジャーキットでは紙製だったマントは布製になり、全体的にスタイルもよくなってます。

肩アーマーが若干ポージングに制限を掛けますが稼動範囲は良好。
武器持ち手もあるのでポージングが格好良くキマります。


image8.jpeg

付属武器の「アキレスランス」も両手持ちは余裕。
柄の長さもメジャーキットより長くなり格好良くなってます。


image7.jpeg

以前買って放置してたウェポンセットからブロードソードをチョイス。
剣もよく似合います。


「ハイパーファンクション LBXアキレス/AX-00」のレビューでした。
ハイパーファンクションの第2弾「LBX ジ・エンペラー」
も買ってきたので、後日組み立ててレビューしたいと思います。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。